健康の知識

花粉症の子どもでも外遊びしたい!

体に入ってきた
原因物質の花粉に過剰に反応し、

鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど、
さまざまなアレルギー症状が
現れる花粉症です。

子どもの花粉症は年々増えてきて、
低年齢化の傾向にあります。

両親のどちらかに
花粉症などのアレルギーがあると、
その子どもも発症の可能性が
高くなると言われています。

浴びた花粉の量が多くなると、
体内に花粉が入り

免疫機能の限界を超えて
症状が現れやすくなるため、

免疫力が弱い乳幼児期は、
アレルギー体質でなくても
注意が必要です。

花粉との
接触をできるだけ避けて、
体内に入れないことが
一番の予防策です。

そうなると外遊びは難しいです。

ですが、

毎日の食事や
生活習慣の中で
免疫力を高め
体質を改善して

花粉症を軽減させていきましょう。

 

花粉が多く飛ぶ日は・・・

1日のうち、
最も花粉が飛ぶピークは
朝、次に夕方と言われています。

そして雨が降った翌日の風の強い日が
特に多く花粉が飛散します。

雨が降った後、
地面に落ちた花粉が
風に吹かれて飛び散ります。

雨を含んだ花粉は
弾け中身が出て
さらに細かい花粉が飛び散ります。

 

まず身体の中に花粉を入れないためには・・・

・家の中に花粉を持ち込まない

・帰宅時に玄関で衣服についた花粉をはらう

・うがい、手洗い、洗顔で花粉を流す

・布団や衣類を外干ししない

・家の中の掃除をまめにする

・加湿器や空気清浄機を使う

 

 

 

花粉症に負けない身体を作ろう

花粉症に負けない
身体を作るには
免疫力を高めることが重要です!

免疫力を高めるには
生活習慣を見直して
腸内環境を整え、
腸を元気にすることが大切です。

 

参考子供の花粉症 体質改善で緩和できる?

春になると 花粉の飛散が気になる季節です。 年々、花粉症の子どもも増えてきています。 子どもにとっても 鼻水、鼻づまりの症状は つらいものです。 花粉症は アレルギー性鼻炎の一種です。 アレルギー体質 ...

続きを見る

 

腸内環境を整えるには・・・

乳酸菌などの善玉菌を含む食材を取ること、

そして

善玉菌のエサになる
食物繊維やオリゴ糖を含む食材を

摂取すると良いとされています。

 

参考子どもと一緒に探してみよう!自分に合った乳酸菌探しで花粉症を改善!?

花粉症の季節がやってきます 花粉症はアレルギー反応の一種です。 アレルギー反応は 花粉などの物質が侵入してきた時などに、 免疫機能が異常に反応していることが原因で起こります。 ですので、 免疫機能が正 ...

続きを見る

 

善玉菌を含む食材

ヨーグルト

ナチュラルチーズ

納豆

キムチ

味噌

ぬか漬けなどの発酵食品

乳酸菌飲料など

 

 

 

参考子どもにも取り入れやすいヨーグルトで花粉症を緩和しよう

花粉症は、 アレルゲンである花粉が体内に入ってきた際、 体の免疫反応が花粉に対して過剰に反応すると、 アレルギー症状が引き起こされます。 これが花粉症です。 花粉症の症状を抑えるには、 正常な免疫反応 ...

続きを見る

 

善玉菌のエサとなる食物繊維が含まれている食材

ごぼう

にんじん

ブロッコリー

ほうれん草

レンコン

さといも

こんにゃく

海藻

きのこ類など

 

 

参考子供にも安心!身近にあるレンコンで花粉症対策!

花粉症 とは? スギやヒノキなどの花粉を吸い込んだりすることで くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を引きおこす アレルギー性鼻炎の一種です。 子どもの花粉症も 年々増えてきているそうです。 子どもも大 ...

続きを見る

 

善玉菌のエサとなるオリゴ糖を多く含む食材

大豆などの豆類

たまねぎ

ねぎ

ごぼう

にんにく

アスパラガス

バナナなど

 

 

 

参考花粉症対策にはごぼうが効果的。早めの対策で子どもも安心!アレルギー性鼻炎対策にも

ごぼうが花粉症対策 に有効   春につらい症状が出る花粉症。 花粉症とはアレルギー性鼻炎の一種です。 最近では子どもにも花粉症が増えてきています。   花粉症には 食べればすぐに治 ...

続きを見る

 

その他にも
腸内環境を整える働きがある食べ物に
チョコレートなどがあります。

 

参考子どももよろこぶ!チョコレートで花粉症が緩和!?

花粉症とは、 体内に侵入してきた花粉に対して 免疫が過剰に反応してしまった場合に アレルギー症状があらわれます。 年々、子どもの花粉症も増加傾向にあります。   子どもでも症状が緩和できる方 ...

続きを見る

 

これらの食材を
食事に取り入れて
バランス良くとりましょう。

 

山下
子供にも食事で
取り入れやすい食材があります。

 

バランスの良い食事とは・・・

主食

主菜

副菜

と、定食のような
バランス良く栄養が
取り入れられる食事が理想的ですね。

 

 

インスタント食品や
スナック菓子類を減らし、
糖分や油分を控えめにすることも大切です。

 

山下
スナック菓子の代わりにヨーグルトや乳酸菌飲料を
おやつに食べるのもおすすめです。

 

生活習慣の改善

・規則正しい生活で1日を過ごす。

・睡眠をしっかり取る。

・身体を動かす。

一日の生活リズムを整えましょう。

 

まとめ

子どもにとって
身体を動かす外遊びは
大切なことです。

まずは
花粉を身体の中に取り入れないことが
一番重要ですが、

食事や生活習慣を見直して
花粉症に負けない体作りをし、
花粉の飛散の少ない時を選んで
外遊びができるといいですね。

 

 

食べる花粉症対策はこちら

プレゼント

-健康の知識
-, , , ,