料理のコツ 食材を知る

玉ねぎと新玉ねぎの違い!茶色の皮のむき方や辛みを抜く方法

様々な料理で使われる玉ねぎ。

1年中スーパーなどで見かけますが
それは乾燥して貯蔵されたものを
出荷しているのです。
乾燥させることで
保存ができるようになるのです。

 

玉ねぎの種類と旬

黄玉ねぎ

玉ねぎには
スーパーなどで1年中見かける
皮が茶色の玉ねぎ
黄玉ねぎといいます。

黄玉ねぎは
生で食べると辛みと香りがありますが
加熱すると甘みがでます。

乾燥して貯蔵されているので
1年中食べることができます。

 

白玉ねぎ

白玉ねぎとは
皮が薄くて白い玉ねぎのことを言います。
水分が多くて柔らかく
生でも甘みがあります。
形は扁平なものが多いです。

売っている所によっては
新玉ねぎとして
販売されているところもあります。

白玉ねぎの旬は
2月〜4月頃です。

新玉ねぎとは?

新玉ねぎとは
黄玉ねぎと白玉ねぎ
早採りの玉ねぎのことです。

黄玉ねぎや白玉ねぎを
収穫後すぐに出荷したもの
のことを言います。

新玉ねぎは
乾燥せずにすぐ出荷するので
水分が多く
柔らかく辛みが少なく
甘みが強い
のです。

ですので
生のままでも食べやすいです。

旬は3月〜4月です。
水分が多いため傷みやすいです。

 

玉ねぎの栄養素

生と加熱で
味や食感が変わる玉ねぎには
体にいい栄養素が含まれています。

硫化アリル
ケルセチン
カリウム
ビタミンB1など

硫化アリル

玉ねぎの
辛みや香りのもとになっているのが
硫化アリルという
成分によるものなのです。

その硫化アリルは
ビタミンB1の吸収と
活性化を高める働きがあると
言われています。

また
血液をサラサラにして
動脈硬化など
血栓を防ぐ効果があります。

ケルセチン

ケルセチンは
ポリフェノールの一種です。

ポリフェノールには
抗酸化作用があり
ケルセチンは
その中でも強い抗酸化作用
持っています。

その抗酸化作用によって
動脈硬化生活習慣病の予防
抗がん作用
抗炎症作用に効果があります。

また
関節痛の症状を
緩和する働きがあります。

玉ねぎを切るとなぜ涙がでるのか・・・

硫化アリルが関係しています。
玉ねぎを切ると
玉ねぎの細胞が壊れます。
細胞が壊れたことで
硫化アリルが蒸発しやすくなり
空気中に舞います。
空気中に舞った硫化アリルが
目や鼻に入ることで
涙や鼻水が出てしまうのです。

 

 

簡単に
皮をむく方法を知ると
玉ねぎがより使いやすくなりますね。

参考簡単!玉ねぎの茶色の皮のむき方

  料理人が教える 簡単!玉ねぎの茶色の皮のむき方   玉ねぎの茶色の皮って むきにくいですよね。 乾燥してぱりぱりしているから むきにくいので、 簡単に向く方法は、 水に浸してお ...

続きを見る

 

玉ねぎの独特の辛みがなくなると
生の玉ねぎが食べやすくなりますね。

参考玉ねぎの辛みを抜く方法

料理人が教える 玉ねぎの辛みを抜く方法   玉ねぎの辛みは、 硫化アリルと呼ばれる成分です。 それは、塩でもむと 軽減されます。 玉ねぎをスライスして、 塩でもみましょう。 そして、 水に約 ...

続きを見る

 

玉ねぎは疲労回復に
効果的な成分が含まれています。

参考連休疲れは、玉ねぎで解消!

  料理人が教える 連休疲れは、玉ねぎで解消!   玉ねぎの辛み成分「硫化アリル」は、 疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助け、 疲労回復やイライラを 解消する効果があります。 ...

続きを見る

プレゼント

-料理のコツ, 食材を知る
-, ,