豪華テキスト!料理の悩みを一気に解決する3冊プレゼント!

・献立の悩み解決!
もう料理の献立に悩まない!
料理のレパートリーを劇的に増やす方法総集編
・お弁当の悩みを解決!
朝15分でできる!
見た目も身体も喜ぶ5色のお弁当マップ
・お魚料理の悩みを解決!
料理人が教える魚の切り身を美味しく食べる方法

今すぐ受け取る

 

健康の知識

酸化した油は体によくない?胃もたれ・胸やけが起こることがあります。

揚げ物料理で大量に使う油ですが
1度の使っただけで
捨てるのはもったいない
と思ったことはありませんか?

しかし
何度も使っていると
粘り気がでてきたり
匂いがしたりなどが出てきたりします。

その油を使って
揚げ物をしたときに
胸やけや胃もたれが
起こったことはありませんか?

それは
油が酸化している状態なのです。

酸化は体に良くない
と聞きますが
酸化とは
どのような状態のことなのでしょうか?

またどのように
体によくないのでしょうか?

油の酸化とは

油の酸化とは
空気中の酸素と油が結合して
起こる変化のことをいいます。

酸化が進むと分解が起こり
様々な物質が発生し
色が悪くなったり
不快なにおいがしたり
消えにくい細かい泡が出たりします。

そして
保存していると
空気中の酸素、光、熱などによって
酸化が進みます。

酸化した油は
味も劣化
油の劣化となります。

さらに酸化が進んでいくと
油も毒性を持ちます。

油の酸化のことを
油が疲れるとも言われています。

酸化した油を食べると胸やけがする?

油が酸化すると
過酸化脂質などの
有害な物質が
発生します。

胸やけや胃もたれなどの症状が出る

酸化した油を使った料理を食べて
気分が悪くなったり
胸がムカムカと胸やけを感じたり
胃もたれが起こる人もいます。

胃もたれ・胸やけになったら?知っておきたい原因と解消法

食べ過ぎた後や 脂っこいものを食べた後などに 胸がムカムカ 胃が重たい・・・ となったことはありませんか? いわゆる胃もたれ、胸やけと いわれるものですが この2つは原因が違うのです。 胃もたれ、胸や ...

続きを見る

食中毒のような症状が出ることもある

下痢嘔吐、腹痛、頭痛などの
食中毒の原因となることがあります。

 

そして長期的な症状として
有害物質が体内に蓄積し
認知症の原因になるともいわれています。

そして
有害な物質のひとつの過酸化脂質は、
酸化した脂質の総称で
がんや老化・動脈硬化などを引き起こす
といわれています。

酸化した油の見分け方

色が濃くなる

最初は透き通っている油も
酸化が進むと
色が濃くなってきます。

油の色が黒っぽく
濃くなってきた油は
揚げた食材の色が
濃くなってしまいます。

嫌なニオイがしてくる

多くの新鮮な植物性の油は
無味・無臭ですが
酸化した油は
油臭いニオイがします。

粘りが出る

酸化していない油は
サラサラとしています。

しかし
酸化して油の分解が進むと
油はどろりと強い粘りが出てきます。

保存している油を使う時に
粘りがある場合は
酸化しているので
使わないようにしましょう。

泡が出る

揚げ物をする時
油の中に食材を入れると
食材の水分が気泡となって泡が出ますが
しばらくすると泡は消えます。

ですが
酸化の進んだ油を使うと
細かい泡がいつまでも残って消えません。
細かい泡が消えない油は
かなり酸化が進んでいるということです。

油を酸化させない方法は

油の酸化を
完全に防ぐことは難しいですが、
できるだけ油の酸化を遅らせることは
工夫次第で可能です。

油を酸化させるのは
空気・光・熱なので
これらに触れないようにすることで
酸化を遅らせることができます。

空気に触れないようにする

油を保存するときは
できるだけ空気に触れないようにします。

揚げ物をしたあとに
保存するときは空気に触れにくい容器に入れ
しっかり蓋を閉めましょう。
入れ物いっぱいに入れることで
容器内の酸素にも触れないようにできます。

光に当てないようにする

油の酸化は太陽だけでなく
蛍光灯の光でも進みます。
電気があたらない暗い場所に
保管しましょう。

熱を避ける

保存する時は
涼しいところに保管しましょう。
コンロの横などは
温度が上がりやすいので
保存には向いていません。

保存には冷暗所が向いています。

一度使った油はきれいに濾す

使い終わった油を
そのまま鍋に放置しておくと
空気に触れる面積と
光が当たる面積が広いので
酸化が進みやすい状態です。

また
揚げたカスなども
酸化の原因となりますので
ある程度温度が下がったら
素早く濾して保存容器に入れましょう。

 

酸化しにくい油

バター
ラード
ココナッツオイル
オリーブオイル
米油
菜種油など。

加熱調理には
バターやオリーブオイル・米油などの
酸化しにくい油を選ぶのが
おすすめです。

家庭での普段使いとして
おすすめなのは米油です。

米油は
リーズナブルで手に入れやすく
クセのない風味で
豊富な栄養素も含まれます。

クセがなく
サラッとしてカラッとしているので
てんぷらなどの揚げ物に向いています。

まとめ

揚げ物を食べて
胸やけや胃もたれが起こる
原因のひとつとして
油の酸化が原因かもしれません。

大量に油を使う揚げ物は
1度使うだけではもったいない
と思うかもしれませんが、
酸化を遅らすように
保存方法を工夫しましょう。

酸化したかも・・・
と思ったら思い切って廃棄しましょう。

豪華テキスト!料理の悩みを一気に解決する3冊プレゼント!

・献立の悩み解決!
もう料理の献立に悩まない!
料理のレパートリーを劇的に増やす方法総集編
・お弁当の悩みを解決!
朝15分でできる!
見た目も身体も喜ぶ5色のお弁当マップ
・お魚料理の悩みを解決!
料理人が教える魚の切り身を美味しく食べる方法

今すぐ受け取る

 

-健康の知識
-, , ,