豪華テキスト!料理の悩みを一気に解決する3冊プレゼント!

・献立の悩み解決!
もう料理の献立に悩まない!
料理のレパートリーを劇的に増やす方法総集編
・お弁当の悩みを解決!
朝15分でできる!
見た目も身体も喜ぶ5色のお弁当マップ
・お魚料理の悩みを解決!
料理人が教える魚の切り身を美味しく食べる方法

今すぐ受け取る

 

健康の知識

食中毒 細菌やウイルスの種類によって症状が違うって知っていますか?

食中毒とは
食べ物飲み物などに付いた
細菌やウイルスや有毒な物質
摂ることによって

嘔吐
下痢
腹痛
発熱

などの症状が出る病気のことです。

 

細菌とウイルスの違い

細菌

糖などの栄養と水があれば
生きた細胞がなくても
自分と同じ細菌を複製し
増殖することができる微生物です。

大きさはとても小さく
肉眼では見ることはできません。

ヨーグルトや乳酸菌飲料
納豆など食品の製造に
使われるものもありますが
体の中に入り込み
食中毒などを引き起こす
細菌もあります。

ウイルス

細菌よりもとても小さく
ウイルスが単独で
増殖することはありません。

人や動物など
他の細胞に入り込んで生きていきます

人の体にウイルスが入ると
人の細胞の中に入って
自分のコピーを作り
細胞が破裂し
たくさんのウイルスが飛び出します

飛び出したウイルスが
他の細胞に入りこみます。
こうして、
ウイルスが増殖していくのです。

食中毒の症状

腹痛
下痢
嘔吐
発熱
などを発症します。

原因の細菌やウイルスの種類によって
症状は様々で発症日数も違います。

腸内で原因となる
細菌やウイルスが増殖することにより
胃腸機能が低下し
下痢や嘔吐をくり返すことで
細菌やウイルスを体の中から排出します。

排出されることで
徐々に症状が緩和されていきます。

また
胃腸症状の前に
発熱の症状が現れる場合もあります。

 

食中毒を引き起こす細菌

食中毒の約70%〜90%が
細菌が原因と言われています。
食中毒を引き起こす細菌の多くは
気温が高くなり始めた頃(約20℃)から増殖し始め、
人の体温くらいの温度で
増えるスピードが早くなります。

ですので
例年、梅雨から夏にかけて
気温や湿度が上がる季節に
食中毒が増えるのです。

 

食中毒を引き起こす主な細菌やウイルス

細菌

サルモネラ

食後、約6時間〜48時間の潜伏期間の後
嘔吐腹痛下痢の症状が表れます

下痢症状は
1日数回から十数回ほどで
3〜4日続きます。
1週間以上症状が続く場合もあります。

多くの場合は
自然治癒しますが
乳幼児や高齢者は
症状が重くなる場合もあります

主に
加熱が不十分な
卵、食肉、うなぎ
などが原因となります。

参考梅雨時期から要注意!卵でおこる食中毒の潜伏期間と症状

梅雨になって 気温や湿度が高くなってくると 食中毒が増えてきます。 その中の原因菌のひとつとして サルモネラ菌があります。 サルモネラ菌の原因食品として 様々な料理でつかわれたり お弁当の定番である ...

続きを見る

カンピロバクター

食後、2〜5日の潜伏期間の後
下痢発熱嘔吐腹痛
筋肉痛頭痛倦怠感などの症状が表れます。
下痢には血が混じることがあります。

乳幼児や高齢者
抵抗力の落ちている方は
症状が重くなる場合があります。

多くの場合は
1週間ほどで完治しますが
稀に
カンピロバクターに感染した
数週間後に

手足のまひ
顔面神経のまひ
呼吸困難

などを起こすことがあるといわれています。
この病気を「ギラン・バレー症候群」といいます。

主に
加熱が不十分な
牛、豚、鶏などの食肉
が原因となります。

参考鶏肉の生焼けに要注意!梅雨の時期から増えるカンピロバクター菌食中毒の5つの予防方法

梅雨になると 食中毒が気になります。 気温が高くなる季節に 気を付けたいのは細菌です。 細菌による食中毒は 1年中発生していますが 梅雨の季節には増える傾向にあります。 それは 食中毒をおこす細菌は ...

続きを見る

 

腸炎ビブリオ

食後、8~24時間の潜伏期間の後
主に水様性の下痢
激しい腹痛の症状がでて
発熱吐き気嘔吐などの
症状が表れることもあります。

下痢に血が混じることがあります。

夏に発生することが多いです。

症状は1日程度で回復しますが
高齢者や基礎疾患がある方は
重症化する場合があるので注意が必要です。

主に
魚介類(刺身、寿司など)
が原因となります。

腸管出血性大腸菌(O-157など)

無症状や下痢のみの症状で
収まる場合もありますが
食後3〜5 日の潜伏期間の後
下痢、激しい腹痛、血便
水様性の下痢、発熱などの症状がでます。

乳幼児や高齢者の場合
症状が重症化しやすく
貧血になったり
尿量が減り
けいれんを起こすなどの

症状がでることがあり
重症の場合は死亡することもあります。

主に
菌に汚染された肉
生レバー
加熱不足の肉
生サラダ
殺菌が不十分な水
などあらゆる食品が原因となっています。

 

参考お肉の生焼けは危険です!お肉による食中毒の症状と予防方法

アウトドアを楽しめる 季節になりました。 バーベキューや焼肉などを する機会も増えてくると思います。 しかし 暖かくなってくると 食中毒の危険性も高まります。 それは 食中毒の原因となる細菌が 高温多 ...

続きを見る

 

参考梅雨から夏は気を付けて!腸管出血性大腸菌O-157食中毒の怖い3つの特徴

梅雨に入るとジメジメして 食中毒が増える傾向にあります。 中でも湿気や気温が高くなる梅雨時期に 気を付けたいのは 細菌による食中毒なのです。 細菌であるO-157で起こる食中毒は 気温の低い季節でも感 ...

続きを見る

 

黄色ブドウ球菌

食後、30分~6 時間程度の潜伏期間の後、
吐き気嘔吐
下痢腹痛
などの症状が表れます。

この食中毒は吐き気・嘔吐は必ず発症しま

嘔吐回数は
体の中に入った細菌の量によって
異なります。

通常、24時間以内に回復するとされていますが
脱水症状血圧の低下
脈拍微弱などの症状により
重症化する場合もあります。

主に
おにぎり、お弁当、
サンドイッチ、ケーキなどの手作り食品
などが原因となります。

 

 

参考気温が上がると食中毒に注意!お弁当を傷みにくくする7つ対策

気温が高くなると 食べるまでに お弁当が腐らないか・・・ と気になりますね。 子供の場合は 腐っていても気付かないこともありますね。 傷んだお弁当を食べて 食中毒をおこすと大変です。 腐らないようにす ...

続きを見る

参考梅雨から夏にかけて発生が集中する食中毒、黄色ブドウ球菌とは

梅雨時期は 食中毒が増えてきます。 それは 食中毒の主な原因である細菌が 気温が高く 湿気が多くなる 梅雨から夏にかけて 細菌の増殖が活発になるからなのです。 その食中毒の 原因のとなる細菌のひとつが ...

続きを見る

ウイルス

ノロウイルス

食後、24~48時間の潜伏期間の後
吐き気、嘔吐
激しい下痢、腹痛、発熱等の
主症状が表れます。

特に嘔吐は突然
急激に強く起こる特徴があります。

その他の症状として
頭痛、咽頭痛、食欲不振、筋肉痛
などが表れる場合もあります。

いずれの症状も
通常3日以内で
自然に回復するとされています

乳幼児、高齢者、
免疫不全等の抵抗力の弱い方は
症状が重くなることがあります。

主に
牡蠣がはまぐりなどの二枚貝
ノロウイルスに感染している人の
嘔吐物などが原因となります。

まとめ

食中毒は
細菌の種類やウイルスの違いによって
発症日数や症状が異なります。
原因がわかれば対処も
しやすくなりますね。

胃腸症状が主な症状ですが
風邪症状などがなく
加熱が不十分な物や
なまものを食べたときなどに
発熱した場合は
食中毒も疑ってみてください。

豪華テキスト!料理の悩みを一気に解決する3冊プレゼント!

・献立の悩み解決!
もう料理の献立に悩まない!
料理のレパートリーを劇的に増やす方法総集編
・お弁当の悩みを解決!
朝15分でできる!
見た目も身体も喜ぶ5色のお弁当マップ
・お魚料理の悩みを解決!
料理人が教える魚の切り身を美味しく食べる方法

今すぐ受け取る

 

-健康の知識
-, ,