健康の知識

梅雨から夏は気を付けて!腸管出血性大腸菌O-157食中毒の怖い3つの特徴

梅雨に入るとジメジメして
食中毒が増える傾向にあります。
中でも湿気や気温が高くなる梅雨時期に
気を付けたいのは
細菌による食中毒なのです。

細菌であるO-157で起こる食中毒は
気温の低い季節でも感染しますが
他の細菌同様
梅雨から夏にかけては感染が増えています。

暑くなる時期は
特に子供が発症することが
増える傾向にあります。

食中毒の原因のO-157とは

大腸菌は人や動物の腸管に存在します。
通常、病原性はなく
ほとんどのものは無害です。

ですが
いくつかの大腸菌は
下痢などの消化器症状をおこすことがあり
これらを病原大腸菌と呼ばれています。

病原大腸菌の中に毒素を産み出し
出血を伴う腸炎をおこす大腸菌
腸管出血性大腸菌と呼ばれています。

そして
腸管出血性大腸菌の中で
菌の成分によって
さらにいくつかに分類されています。
その中のひとつが
O-157なのです。

腸管出血性大腸菌は
動物や人の便の中に時々見つかります。
動物では症状が出ないことが多く
外から見ただけでは
菌を持っているかの判別はできません。

O-157の感染経路は

動物の腸内におり
菌に汚染された食肉や
その加工品を食べることで感染します。

そして
O-157などの
腸管出血性大腸菌に感染している人が
調理することで

食べ物に菌が付着し
その食べ物を食べたり
タオルの共有やお風呂などの
二次感染の可能性もあります。

O-157の原因食品

腸管出血性大腸菌O-157の感染の
原因食品と特定
あるいは
推定されたものに

牛レバー刺し
ハンバーグ
牛タタキ
ローストビーフ
サラダ
白菜漬け

などで、様々な食品や食材から見つかっています。

症状

O -157は
全く症状がないものから
軽い腹痛下痢のみで終わるものや
水様性の下痢激しい腹痛血便などともに

重篤な合併症を起こし
時には死に至るものまで様々です。

菌の量がどれくらい体の中に入るかにもよりますが
潜伏期間1〜10日(平均4〜8日)です。

一般の食中毒と
区別がつかないような症状で
始まることが多いです。

経過の一例

潜伏期間の後
激しい腹痛ののちに
数時間後に水様性の下痢を
起こすことが多いです。

その後
血便がみられます。
これはベロ毒素によって
大腸が傷つけられることによって
起こる症状です。

さらに
重症化すると
溶血性尿毒症症候群(HUS)
脳障害を併発する場合があります。

HUSは
下痢が始まってから約1週間後に
O-157の細菌が血液に入って全身を回り

赤血球の破壊による溶血性貧血
血小板の減少
急性腎不全などの
症状が現れます。
重症の場合は死に至ります。

O-157はなぜ怖い、3つの特徴

感染力がとても強い

O-157は
感染力が非常に強く
菌量が100個ほどでも感染します。

そのため
食品に少量ついていても感染し
入浴やタオルの共用
トイレやドアのノブなどに付いた菌などによって
家族に二次感染
起こすことがあります。

毒性が強い

O-157は
大腸で増殖するときに
ベロ毒素という毒素を生産します。

ベロ毒素によって
溶血性尿毒症症候群(HUS)などを引き起こしやすく
腎臓や脳に障害を起こすことがあり
時には生死に関わることもあります。

特に乳幼児や高齢者や
抵抗力の弱い方は注意が必要です。

潜伏期間が長い

O-157の潜伏期間は1〜10日と長く
その間は無症状です。

潜伏期間が長いため
発生してから原因の特定が難しく
感染した食品が広まってしまったり
二次感染などで
感染が広まる危険があります。

O-157の予防方法

どんな食中毒菌も
予防方法は同様です。

手洗い

手洗いは、食中毒予防の基本です。
手にはたくさんの雑菌が
付いています。

調理の前
トイレの後
生の食品を扱った後
食事の前
などは必ずきれいに手を洗いましょう。

食品の保存

冷蔵の必要な食品は10度以下
冷凍の必要な食品はマイナス15度以下です。
食材にあった温度管理をしましょう。

そして購入した食品は
速やかに冷蔵庫に入れましょう。

また
冷蔵や冷凍をしても菌が死滅するわけではないので
注意が必要です。

しっかりと加熱する

腸管出血性大腸菌O-157は
加熱すると死滅します。

食品の中心部の温度が
75℃で1分以上の加熱が目安です。

残った食品

食品が残ったら冷蔵庫に保管し
食べる前にしっかりと再加熱しましょう。

時間が経ちすぎたものや
少しでもあやしいと思った食品は
食べるのを避けましょう。

調理器具の洗浄消毒

調理器具を使った後は
洗浄・殺菌・乾燥しましょう。

食肉の生食

食肉を生のまま食べることは
食中毒のリスクが高くなります。
ですので
食肉の生食は避けましょう。

 

参考梅雨時期から増えてきます!食中毒予防の3原則と6つのポイント

食中毒は梅雨から夏にかけて 発生しやすくなります。 食中毒の原因となる細菌は 湿気と栄養を好みますので 湿気が多くなり気温が上がる 梅雨から夏にかけて 増殖が活発になるからなのです。 食中毒はどのよう ...

続きを見る

二次感染

菌のついた生の食品を扱った手や
調理器具などの洗浄や消毒が不十分の状態で
調理済みの食品に触れることによって起こります。

また
腸管出血性大腸菌にかかっている人や
かかった人を世話した後に
よく手を洗わず調理したり

トイレやお風呂などの
共用部分に付いた菌を触ったりなども
原因となります。

二次感染を防ぐためには

生の食品を触った後や
O-157にかかった人を世話をした後は
必ずきれいに手を洗いましょう。

生鮮食品を購入したら
水分や汁がつかないように
ビニール袋に入れましょう。

生ものを調理した後の
まな板や包丁などの調理器具は
使用の度にきれいに洗いましょう。

まな板などの調理器具は
肉用・魚用・調理済み食品用と
分けるとさらに安心です。

まとめ

O-157は少ない菌量で感染します。
症状は軽症から重症化まで様々ですが
乳幼児や高齢者は重症化しやすいため
注意が必要です。

ですが
家庭での食中毒は気をつければ
防ぐことができます。
予防方法をよく知り
食中毒を防ぎましょう。

プレゼント

-健康の知識
-, , ,