料理のコツ

うす口と濃口しょうゆの使い分け

 

料理人が教える
うす口と濃口しょうゆの使い分け

 

しょうゆといえば、
濃口しょうゆが日本でのシェアが
8割なんですが、

うす口しょうゆも使いこなせると
料理や味のバリエーションも広がります。

その使い分けって
どうするの?

そもそも濃口の1.2倍の塩分量
うす口しょうゆの特徴。

だから、
うす口しょうゆは、

食材やだしを引き出せたり、
活かしたりする料理にむいています。

つまりしょうゆがど~んと
主張している料理ではない。
ということですね。

濃口しょうゆは、色も濃くて、
味もはっきりとしてコクもあります。

だから、
クセのある食材や匂いが強いものに使います。

そして、
照り焼き蒲焼きのように、
しょうゆの主張がど~んとあるものに使います。

ぜひ使い分けて
料理の幅を広げてみてくださいネ。

今日も応援しています
o(^▽^)o

プレゼント

-料理のコツ
-, , ,