料理の雑学 料理マインド(想い、考え方捉え方)

和食には、感性が磨かれていく不思議なチカラがある

和食は、季節、旬を重んじる料理。
それは、伝統ある文化の茶道、華道などにも通ずる考え方です。

その表現や意味合いを探り、感じることは、
あなたの感性を磨いているんです。

 

こんばんは。

「和の食アカデミー」
山下としあきです。

 

 

 

先日から和食の魅力についてお伝えしています。

 

世界遺産になった和食の素晴らしさをあなたは知っていますか?

和食=健康食 は、本当なのか?

 

6つの要素ですね。

 

1.食材の新鮮さや持ち味旨味を活かす工夫、

2.栄養バランスに優れた健康的な食生活、

3.自然の美しさや季節の移ろいの表現、

4.正月などの年中行事との密接な関わり、

5.社会的道徳の教育食育

6.東西に延びた自然豊かな土地にそれぞれの特産物

 

今日は、3つめの

自然の美しさや季節の移ろいの表現、

について、お話ししますね。

 

 

 

和食は、季節や旬を重んじて
それを表現しています。

 

 

春なら、華やかなイメージを

夏なら、涼しげで青々したイメージを

秋なら、色とりどりな明るいイメージを

冬なら、温かみのあるイメージを。

 

 

季節によって、登場してくる料理もあります。

 

 

料理を見て、

「あ~~、春になってきたんだな。」

「もうこんな季節かあ~」

 

なんて、あなたも感じたこともあるでしょう!?

 

 

会席料理は、一見、季節感がわからないようなモノでも、

料理の説明を受けると、

 

「あ、なるほど。このことを表現しているんだね~」

 

って、こともあります。

 

 

先人たちは、ほんの少しのことでも

季節を表現し、

 

料理に文化を求めていたように感じます。

 

 

その先人たちの素晴らしい感性を大切にしていきたい

と、僕は思っているんです。

44c6b82763d7cae1f72c6ea998504653_s.jpg

 

 

 

今は、昔とは、違います。

 

文化も。感性も。

 

 

環境が変わり、季節の流れも

昔とは違うでしょう。

 

旬も微妙に変わっている食材もあります。

 

 

しかし、今は、今。

 

昔とは違うのなら、今のやり方で、

季節感や旬を表現していきたいんです。

 

それは、何も飲食店だけでなく、

家庭料理のなかでも、表現していきたいんです。

 

 

 

食卓のなかで、

家庭料理のなかで、

 

季節感や旬を感じて、

 

家族みんなでその感性を楽しむなんて、

とても素敵なことだとは、思いませんか?

 

 

何も食育とかいうことではなくて、

せっかく日本という国で生活をしているなら、

服装や流行だけ季節を追うのではなく、

 

料理にも季節を楽しむ感性を磨いていってほしいんです。

 

 

食卓、家庭料理は、それを提供できる場、輪なんです。

 

 

ぜひぜひ、家族みんなで季節感や旬を、

料理をきっかけに、
料理をテーマにして、

家族の会話や空気空間を楽しんでもらいたいです!!

 

プレゼント

-料理の雑学, 料理マインド(想い、考え方捉え方)
-, ,

© 2021 家庭料理で家族の和を深める和の食アカデミー Powered by AFFINGER5