料理のコツ

ブリ大根。美味しく作るコツその2

更新日:

ブリ大根。
脂がのったブリと柔らかく炊いた大根の
最強の組み合わせ。

ほっこり熱々で美味しく食べたいですよね。

今回は、美味しくするコツその2です。

 

「和の食アカデミー」
山下としあきです。

 

前回に引き続きブリ大根を美味しくするコツを
シェアしますね。

前回の記事はこちら。

ブリ大根。失敗しないためのポイントその1

 

前回の記事は、

ブリの下処理をちゃんとしないと、
料理自体が美味しくなくなるよ
というお話しでした。

 

今回は、その続きです。

 

 

 

ブリ大根は、ブリのアラで作らないと美味しくありません。

 

アラ(骨)からブリの旨味をダシに移し、
それが大根に染み渡るから美味しいのです。

そのため、ブリの下処理は必要なのです。

 

それでも、

ブリの臭みが気になる場合もあろうかと思います。

 

そもそも魚の匂いは強いので気になる。
スーパーの安売りで購入したので、あまり新鮮でないから。

など。。

 

そういう場合は、

ブリ、大根の他に、匂いの強い具材を加えましょう。

 

煮魚(ブリ大根)に生姜のスライス入れたりしますよね。

あれは、完全に匂い消しの役目です。

 

でも実際の煮魚は、生姜だけでないんですよね。

ごぼうや椎茸、白ねぎ、たけのこなど、煮魚によく入ってますよね。

 

あれは、わざと匂いの強い野菜を選んで、
魚臭さを調和するためなんですね。

 

ごぼうの土の匂い。
きのこの匂い。
白ねぎの辛みの匂い。

を入れて魚臭さを調和するんです。

 

魚と一緒に炊くと美味しく食べられるから
という理由"だけでない"んですね。

 

さらに

天盛りには、
きざんだ生姜や、木の芽、柚子、山椒などが盛ってありますよね。

こちらもさわやかな香りが食欲を誘うとともに、
魚臭さを調和する役目も担っています。

 

今回は、魚の匂いが気になる場合は、
匂いの強い具材を加えましょう
というお話しでした。

 

飲食店の煮魚をイメージすれば、
理解しやすいと思います。

 

こちらの記事も参考にしてくださいね^^

ブリ大根は、”縁起が良い”って知ってますか?

美味しいダシも食べられる、ブリ大根のみぞれ煮の作り方

レシピに振り回されて、 悩み続けるのはやめて、

「家族も、身体も喜ぶ食事」「楽しく料理を作ること」を手に入れて、

料理に自信が持てるようになりませんか?

【料金】11,000円 ⇒ メルマガ読者様限定 無料

【日時】時間帯 10:00~/13:00~/15:00~/17:00~/19:00~/22:00~
ご希望の日付と時間帯を3つ以上教えてください。

【方法】ZOOMでの対応になります。(テレビ電話のようなもので操作も簡単です)
スマホ、パソコンをお持ちの方なら誰でも参加可能です。
(日本全国、全世界、対応可能です。)

【体験会の時間】約60分

お申込み条件

オンライン料理講座に興味がない方
(体験会は、オンライン料理講座の入会希望のために行っています。料理相談の場ではありません。)
お時間が守れない方。
(時間は大変、貴重です。こちらも準備を整えて行いますので、ご了承ください。)
料理へ意欲、やる気がない方。
(意欲ややる気がない方には、何もお伝えすることができません)

上記に当てはまる場合、
心苦しくもお断りさせていただく可能性があります。

ぜひ、ご理解いただければ幸いです。

この様な手順で体験会を進めます

①事前ワークとしてあなたの想いや現状を明確にするアンケートをやって頂きます。

②あなたの今後の目標とそれに対してのお悩みをお聞きします。

③あなたが想像する未来、自分になれる様6ヶ月の段取りを具体的にご提案させて頂きます。

フォームにてお申し込み後、自動返信メールが送信されます。
(質問事項が届きますので必ずご確認宜しくお願いいたします。)

※携帯アドレスですと返信メールが迷惑メールに入る可能性がございますので
PCアドレスにてご入力お願致します。ない場合は携帯でも構いません。
こちらから折り返し連絡いたします。

 

 

わからないことがありましたら、お気軽にinfo@wanosyoku-academy.comまでご連絡ください。

-料理のコツ
-, , ,

Copyright© 日本全国、海外受講あり!完全個別。オンライン料理講座「和の食アカデミー」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.