料理お悩み 料理マインド(想い、考え方捉え方)

料理の苦手な人の勘違い。時短と手抜きは違いますよ

先日から、料理が苦手な人の特徴をお伝えしてしますが、
今日で最後です。

料理が苦手な人の5つの特徴

料理が苦手な人の特徴は、集中できてないのです。

味見をする段階であなたの料理力は成長する

料理が苦手な人の特徴は、思い込みでやっちゃうコト

 

こんばんは。
山下としあきです。

 

最近、時短料理というキーワードをよく聞きます。

時短。
時間が短くて、できる料理のコト。

なんですかね?

 

977b48e4384f1132674bf163cd1d916f_s.jpg

 

確かに料理の中には、
ササッと、ちゃっちゃっとできる料理はたくさんあります。

 

そういう料理は、忙しい人、時間が取れない人には、
知ってもらって、活用してもらえばいいなと思います。

 

でも、
普通の料理を時短で作る
となると、話は違います。

 

この時短で作る、とは、

あらかじめ下準備をしておいて、あとは仕上げだけにして、時短。
じっくりと時間をかけて作る所を、電子レンジや圧力鍋などを使って、時短。

なら良いのですが、

普段の料理の時間を短くするだけ

と、捉えている人がいるんですね。

 

特に料理が苦手な人にそう捉える人が多いようです。

料理が苦手なので、早く済ませたいのでしょう。

 

 

それは、単純に手抜きです。

 

料理は、食べる人への愛情表現です。

 

食べる人を想って、料理は作るモノ。
その想いや愛情が、料理には反映されます。

 

本来の時短料理と違う手抜き料理は、
食べる人もちゃんと感じています。

 

できるだけ、手抜き料理なんて、食べたくありませんよね?

 

そうならないように、料理の基本を知りましょう。

 

料理の基本の仕組みと理由を知れば、
料理で時間をかけるところ、料理で時間を省けるところ
もちゃんと理解できます。

 

プレゼント

-料理お悩み, 料理マインド(想い、考え方捉え方)
-, , , ,

© 2021 家庭料理で家族の和を深める和の食アカデミー Powered by AFFINGER5