豪華テキスト!料理の悩みを一気に解決する3冊プレゼント!


・献立の悩み解決!
もう料理の献立に悩まない!
料理のレパートリーを劇的に増やす方法総集編
・お弁当の悩みを解決!
朝15分でできる!
見た目も身体も喜ぶ5色のお弁当マップ
・お魚料理の悩みを解決!
料理人が教える魚の切り身を美味しく食べる方法

今すぐ受け取る



 

料理のコツ

保存版!おでんを美味しく作るコツ

 

料理人が教える
保存版!おでんを美味しく作るコツ

 

美味しいおでんを作るには
コツがあります。

難しくないので、
これに沿って作れば
おいしいおでんが作れます。

1.下処理をする。

おでんの美味しさを決めるのは煮汁
煮汁が美味しければ
おでんも美味しく仕上がります。
そのためには、
雑味のなく仕上げるのがポイント。
だから下処理が必要になるのです。

牛すじは柔らかくなるまで下茹で。
手羽元などは、熱湯にくぐらせる。

大根、里芋、じゃがいもなどは、
柔らかくなるまで下茹で。
(じゃがいもは下茹でしたら冷やすこと)

厚揚げ、きんちゃくなどは、
熱湯にくぐらせて油抜き。

ごぼう天など、
練り物もさっと熱湯にくぐらせる。

こんにゃくも下茹で。

2.長い時間ゆっくりと煮る。

おでんは、沸騰させずに
ゆっくりとコトコト煮込む
味がしみやすく、形もくずれにくいです。

決して強火でボコボコ煮込まないことです。

3.入れる順番

練り物は味が良く出ますが、
煮込みすぎるとスカスカになります。

できるだけ後の方に入れましょう。

はんぺんは、溶けることもあるので
仕上げに入れると良いでしょう。

前回の投稿の黄金比と合わせて
ぜひお試しください。

今日も応援しています。
o(^▽^)o

豪華テキスト!料理の悩みを一気に解決する3冊プレゼント!


・献立の悩み解決!
もう料理の献立に悩まない!
料理のレパートリーを劇的に増やす方法総集編
・お弁当の悩みを解決!
朝15分でできる!
見た目も身体も喜ぶ5色のお弁当マップ
・お魚料理の悩みを解決!
料理人が教える魚の切り身を美味しく食べる方法

今すぐ受け取る



 

-料理のコツ
-, , ,