料理マインド(想い、考え方捉え方)

料理と仕事は似ている?男子が料理を好きになる理由

更新日:

最近は、料理をする男性が増えていますね。

男性限定の料理教室は、予約でいっぱいになるほど。

若い世代では、

料理をする男性はもてる!

というイメージもマスメディアの影響できつつあるみたいです。

 

こんばんは。

「和の食アカデミー」
山下としあきです。

 

今日は、料理と仕事は、似ているので、
男性が惹かれているのでは?

というお話しです。

 

そもそも料理を作る上で大切なのは、何でしょう?

 

味や食材。

も大切です。

 

技術や愛情。

 

も大切です。

 

これらは、美味しい料理を作る上では、
とても大切な要素です。

 

 

さらに料理を作る作業の上で大切なモノがあります。

 

 

それは。。。。。。。

 

 

 

 

 

ダンドリです。

 

 

当然ですよね。

食材から料理という完成形にするには、
様々な行程、作業があります。

 

決まった場所で、
決まった時間で、
決まった道具で、

作らなければなりません。

 

しかも効率良く。。。。

 

 

そのためには、やはり

ダンドリをどう組むか?
ダンドリをどうこなすか?

 

が大切ですよね。

 

 

そりゃ、何事もそうじゃろ

と聞こえてきそうですが、

事実そうなんです。

 

料理だけでなく、何事もそうなんです。

 

男性がいつもしていることに通ずるんですね。
もちろん、女性もです!!

 

 

それは、仕事です。

何も男性に限ったことではないですが。。。

 

 

料理って、仕事に似ているんですね

 

料理も仕事も同じなんです。

目標という完成形に向かってダンドリを組んでこなしていく。

 

ビルを建てるのもそう。
売り上げをあげるのもそう。
何かを研究するのもそう。

なんです。

b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_s.jpg

 

完成形からの逆算でスケジュールを組んでこなす。
ダンドリを組む。

んです。

 

料理とやってることは、まったく同じなんです。

 

 

料理と仕事が似ているのを、気づいてなくても
体感レベルで感じているのかもしれません。

 

 

最近は、それらを含めて、
料理と仕事の関係を面白い視点で書かれた本もありますよ。

 

「料理ができる男は無敵である」福本陽子 (著)を読んだ感想と解説

レシピに振り回されて、 悩み続けるのはやめて、

「家族も、身体も喜ぶ食事」「楽しく料理を作ること」を手に入れて、

料理に自信が持てるようになりませんか?

【料金】11,000円 ⇒ メルマガ読者様限定 無料

【日時】時間帯 10:00~/13:00~/15:00~/17:00~/19:00~/22:00~
ご希望の日付と時間帯を3つ以上教えてください。

【方法】ZOOMでの対応になります。(テレビ電話のようなもので操作も簡単です)
スマホ、パソコンをお持ちの方なら誰でも参加可能です。
(日本全国、全世界、対応可能です。)

【体験会の時間】約60分

お申込み条件

オンライン料理講座に興味がない方
(体験会は、オンライン料理講座の入会希望のために行っています。料理相談の場ではありません。)
お時間が守れない方。
(時間は大変、貴重です。こちらも準備を整えて行いますので、ご了承ください。)
料理へ意欲、やる気がない方。
(意欲ややる気がない方には、何もお伝えすることができません)

上記に当てはまる場合、
心苦しくもお断りさせていただく可能性があります。

ぜひ、ご理解いただければ幸いです。

この様な手順で体験会を進めます

①事前ワークとしてあなたの想いや現状を明確にするアンケートをやって頂きます。

②あなたの今後の目標とそれに対してのお悩みをお聞きします。

③あなたが想像する未来、自分になれる様6ヶ月の段取りを具体的にご提案させて頂きます。

フォームにてお申し込み後、自動返信メールが送信されます。
(質問事項が届きますので必ずご確認宜しくお願いいたします。)

※携帯アドレスですと返信メールが迷惑メールに入る可能性がございますので
PCアドレスにてご入力お願致します。ない場合は携帯でも構いません。
こちらから折り返し連絡いたします。

 

 

わからないことがありましたら、お気軽にinfo@wanosyoku-academy.comまでご連絡ください。

-料理マインド(想い、考え方捉え方)
-

Copyright© 日本全国、海外受講あり!完全個別。オンライン料理講座「和の食アカデミー」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.