調味料を知る

知って得する味噌の調理効果 魚や肉を柔らかくさせる!

しょうゆと並ぶ日本の代表的な調味料である味噌。

身体にいいだけじゃないんですよ。
味噌汁だけでもないんですよ。

ちゃんと味噌にも料理を美味しくする効果があるんですよ。
お魚やお肉を美味しく柔らかくさせる効果が。

 

 

今日は、味噌。
「さしすせそ」の「そ」の味噌ですね。

 

味噌って、麦、豆、米味噌など、
もっとも地域性のはっきりとした調味料で、
その土地の食文化と風土を映し出していますが、

 

 

今回のお話しは、
それらも含めての
味噌全部に共通して言える調理効果ばかりです。

 

 

1.お肉やお魚を柔らかくする。

 

味噌煮は、タンパク質を分解する酵素があるため、お肉やお魚に味噌を塗り込むと柔らかくなります。
味噌漬けの料理が火をいれても、パサパサになったり固くなったりしないのは、その調理効果だからですね。

寒い季節に美味しいまながつおの西京焼きは、味噌の調理効果を実感できますよ。

 

 

 

2.旨味をアップ

 

原料である大豆のタンパク質が、酵素によって分解されて、旨味成分「グルタミン酸」に変わります。
料理の食材やだしの旨味成分との相乗効果で、旨味がグンと高まるんです。

まさしく味噌汁が美味しいのは、この調理効果。
単に、食材やだしの旨味だけでないんです。

 

 

3.臭みをとる

 

味噌は、青魚などの魚の臭みを消す効果があります。

「サバの味噌煮」はこの効果を利用した調理法ですよ。

 

 

味噌汁に味噌煮、西京焼きなど、メジャーで美味しい味噌料理は、

味噌で味をつけるだけでなく、
味噌の調理効果をちゃんと利用して、
みんなに愛される美味しい料理として確立しているんですよ。

 

味噌の調理効果、知って使ってみると
料理の幅が広がり、料理力アップしますよ。

 

プレゼント

-調味料を知る
-, , ,

© 2021 家庭料理で家族の和を深める和の食アカデミー Powered by AFFINGER5