豪華テキスト!料理の悩みを一気に解決する3冊プレゼント!


・献立の悩み解決!
もう料理の献立に悩まない!
料理のレパートリーを劇的に増やす方法総集編
・お弁当の悩みを解決!
朝15分でできる!
見た目も身体も喜ぶ5色のお弁当マップ
・お魚料理の悩みを解決!
料理人が教える魚の切り身を美味しく食べる方法

今すぐ受け取る



 

健康の知識

アトピー性皮膚炎の悪化する食べ物とおすすめの食べ物 原因と対策

アトピー性皮膚炎による
かゆみ肌荒れはつらいですよね。

症状を改善するために
薬を塗ったり飲んだりすることも大切ですが
実は
食べ物や食生活も大切な要因となります。

では
食生活とどのような関わりが
あるのでしょうか?

アトピー性皮膚炎とは

皮膚が外部からの刺激や乾燥などで
保護する機能が低下し
かゆみのある湿疹が
良くなったり悪くなったりを
繰り返す皮膚の病気です。

アレルギー体質の人に多く見られます。

原因と症状

アトピー性皮膚炎の原因は様々あり
一つだけの要因だけではありません。

アレルギー疾患の一種で
強いかゆみが慢性的に現れる皮膚炎です。

皮膚のバリア機能が壊れてしまい
かゆみのある湿疹ができ
掻くことによって
皮膚がゴワゴワになったり
かさぶたができたりします。

悪化させる原因となる食べ物と対策

アトピー性皮膚炎は
食物アレルギーと違って
特定の物を食べると悪化する
というわけではありません。

アトピー性皮膚炎を発症している場合は
免疫機能が弱っている場合が多いので

肉類
油もの
脂肪
糖質の多いもの
添加物や香辛料が
多くが含まれてるもの

を食べると
症状を悪化させやすいと言われています。

その他
かゆみが出やすい
ヒスタミンを多く含む食べ物にも
注意が必要です。

ヒスタミンを多く含む食べ物を食べると
かゆみが強くなることがあり
掻いてしまうと皮膚のバリア機能が
壊れてしまうためです。

ヒスタミンを多く含む食べ物

イカ
タコ
干物
豚肉
ソーセージ
トマト
ほうれん草
ナス
いちご
チョコレート
そば

などです。

また
外食無理なダイエットなども
悪化させやすいと言われています。

悪化させないためには
栄養バランスの良い食事を取ることが大切です。

食事の基本は

主食 ご飯などの炭水化物

主菜 肉や魚、卵などのたんぱく質

副菜 野菜やきのこ海藻類

です。

 

基本の食事を摂ることで
炭水化物
たんぱく質
脂質
ビタミン
ミネラル 

5大栄養素
取り入れることができます。

これらを3食で補いながら
1日でバランスの良い食事を
取れるといいでしょう。

子供のアトピー性皮膚炎と食べ物

子供は
アトピー性皮膚炎と
食物アレルギーを
併発している場合があります。

同じアレルギーですが
アトピー性皮膚炎の場合は
特定の食べ物を除去をしたとしても
そのアレルギーが原因でない場合は意味がありません。

ですので
いろいろな食べ物を
バランス良く取ることが重要となります。

アトピー性皮膚炎は
いろいろな原因が合わさることによって
自分の免疫を攻撃してしまいます。

食事制限をしたとしても
食べれないストレスや
不安などを感じた場合
症状が悪化することもある
と言われています。

おすすめの食べ物

善玉菌を含む食品を摂る

近年
アレルギーと腸内環境には
関係があると言われています。

腸には免疫細胞の約70%存在してる
と言われており

腸内環境を整えると
免疫細胞が働きやすい環境になり
アレルギーの症状を
緩和されると言われています。

アレルギー症状の一種であるアトピー性皮膚炎も
緩和されることがあることがあります。

腸内環境を整えるには

腸内環境を整えるには
善玉菌を増やすことです。

善玉菌を増やすには
乳酸菌などの善玉菌を含む食べ物を
摂取することです。

 

善玉菌を増やすには

・乳酸菌が含まれる発酵食品を摂る

発酵食品には
乳酸菌や納豆菌などが
含まれております。

ヨーグルト
キムチ
ぬか漬け
納豆

などがあります。

・乳酸菌を増やす食材を摂る

食物繊維オリゴ糖
善玉菌のエサとなります。
善玉菌そのものと一緒に取ることで
善玉菌を増やすことができます。

食物繊維をふくむ食材

ごぼう
にんじん
ほうれん草
れんこん
ブロッコリー
海藻
きのこ類 など

オリゴ糖を含む食材を摂る

ごぼう
たまねぎ
ねぎ
大豆などの豆類
バナナ など

体に良い油を摂る

体に良い油を摂ると
アトピー性皮膚炎が緩和される
とされています。

3種類の油があります。

・オメガ3系(いい油)

えごま油
あまに油
青魚の油

オメガ3系の油は
積極的に摂ることで
アレルギー体質の改善に
少し役に立ちます。

それは
炎症を抑える働きがあるからです。
オメガ3系の油は
加熱に弱いので調理に向いていません。

・オメガ6系(控えたい油)

サラダ油
ごま油

・オメガ9系(普通)

オリーブオイル
こめ油
ひまわり油
べに花油
なたね油

アトピー性皮膚炎には
オメガ3系を増やし
オメガ6系を控えることで
改善が期待できます。

そのバランスが崩れると
悪化することもありますので
気をつけることが必要です。

まとめ

アトピー性皮膚炎は
食べ物だけで
改善するわけではありません。

ですが
日々バランスの良い食事を
取ることが重要となります。

どんな物を食べると悪化するか
自分の症状を知ることが改善の近道です。

豪華テキスト!料理の悩みを一気に解決する3冊プレゼント!


・献立の悩み解決!
もう料理の献立に悩まない!
料理のレパートリーを劇的に増やす方法総集編
・お弁当の悩みを解決!
朝15分でできる!
見た目も身体も喜ぶ5色のお弁当マップ
・お魚料理の悩みを解決!
料理人が教える魚の切り身を美味しく食べる方法

今すぐ受け取る



 

-健康の知識
-, , ,