料理の雑学

うどんは、体に良いの?悪いの?

こんばんは。
「和の食アカデミー」山下です。

 

最近、めっきり寒くなってきましたね~~。

 

こんな時は、温かいうどんが恋しくなります♪

 

写真 2018-12-18 20 25 58.jpg

 

 

でも、うどんってどうなの?

 

炭水化物じゃん。等質じゃん。

精製された小麦粉って体に悪いんじゃないの?

うどんで有名な香川県って糖尿病の人の数1番だっけ?

なんて、気にされる方もおられますよね~~。

 

 

 

でも、考えてくださいね。

 

うどんって、説によって様々ですが、
平安時代からあるもの?なんで、

すっごく歴史があるわけですよ~~。

 

体によくないものが、
こんなに歴史があると思います?

 

普通に考えたら、
ないですよね^^

 

特に、健康食と世界に評価されている和食の歴史の中で、
体に悪い料理がずっと存在し文化を作っているなんて、
考えられませんよね~~。

 

 

なんでも食べすぎは、よくない

ってなのは、あるんで、

 

うどんばかり食べてたら、
栄養バランスが偏るってことですよね。

 

 

そもそも、

うどんって、
消化に良いんですっ!

 

しかも糖質なんで、エネルギーに変わりやすいんです。

 

 

だから、風邪を引いたときは、

消化によくて、エネルギーに早く変わるので、
重宝される料理なんです。

 

しかも!

薬味のねぎや、一味、七味は、体の代謝を上げてくれるので、

寒くて体の冷えるときには、ぴったりの食べ物なんです!

 

 

寒くて動くのだるいな~~

なんて思ったら、

 

温かいうどんを食べて、
エネルギーチャージしてくださいね^^

プレゼント

-料理の雑学
-, ,

© 2021 家庭料理で家族の和を深める和の食アカデミー Powered by AFFINGER5